ホーム
三溪園
 

お知らせ

三溪記念館 展示室
三溪の書画・三溪ゆかりの作家作品・障壁画など、収蔵品の中から毎回テーマを決めて展示しています。
今回の主なテーマは「緑陰に」(第1・2展示室)です。そのほか、原三溪市民研究会による「クイズで学ぶ三溪園、原富太郎と横浜」のヒントとなる作品を展示します。
銘木がふんだんに使われ、数寄屋の意匠の中に近代的な設備が施された白雲邸は、園の創設者・原三溪が大正9年に建てたこだわりの住まい。建物内部からは新緑の三重塔も眺められます。期間中には、聴秋閣奥の遊歩道開放ほか、楽しい催しも予定しています。
合掌造りの運営・管理、庭園の保守・管理のボランティアを募集します。
新緑に彩られた園内に、紅色や桃色、薄紫色など、色とりどりの可憐な花を約150点展示します。
バックナンバー

※掲載されている三溪園の口コミは トリップアドバイザーより提供を受け ています。

三溪園だより

フジ、ツツジ 例年より早い・・・・・
問い合わせの多いフジ、ツツジの状況です
2014/04/18
バックナンバー