ホーム
三溪園 SANKEIEN GARDEN
 

 

今年、三溪園は開園110周年を迎えました。当初から梅の名所として知られた園内には昔ながらの風情が今なお残り、百花に先がけて咲く花が春の到来をいち早く感じさせてくれます。開園当時からの古釜をつるしてふるまう、初音茶屋の麦茶接待は三溪園観梅会ならでは。「もちつき」、「お囃子」、「猿まわし」など楽しい催しもあります
三溪記念館 展示室
三溪の書画・三溪ゆかりの作家作品・障壁画など、収蔵品の中から毎回テーマを決めて展示しています。
今回の主なテーマは「春待つ」(第1展示室)、「松永耳庵と三溪」(第2展示室)、「三溪の書―春を詠う」(第3展示室)です。
水仙が咲きほこる冬の庭園内で恒例の盆栽展を開催します。庭園散策とともに盆栽の風趣をお楽しみください。
1月25日には学業成就の神様として有名な三溪園天満宮で初天神を行います。当日の参拝者には合格祈願の鉛筆を進呈しますので是非おこしください。
「ワタシの横浜とりっぷ」は、横浜の魅力を5分間で取り上げる小旅行番組。三溪園も紹介されます。
バックナンバー

※掲載されている三溪園の口コミは トリップアドバイザーより提供を受けています。

三溪園だより

観梅会が始まりました
2/13〜3/6
2016/02/13
バックナンバー