ホーム > お知らせ
2015/11/17

紅葉の古建築公開 ― 亭(ちん)と茶室 聴秋閣(重要文化財)、林洞庵

《紅葉の古建築公開》
 期間:2015年11月21日(土)〜12月13日(日)
 時間:9:00〜16:30
 料金:入園料のみ
 公開建造物:
 *聴秋閣 ちょうしゅうかく (重要文化財)
  建築:江戸時代初期 元和9(1623)年、移築:大正11(1922)年
  徳川家光が将軍宣下を受けるにあたり上洛した際、京都二条城内に建てられたと伝
  えられ、のちに乳母の春日局(かすがのつぼね)が所持したといわれる。三つの屋根
  を組み合わせた形状から、かつては“三笠閣(みかさかく)”の名で呼ばれ、内部に
  も変化に富んだデザインが見られる。
 *林洞庵 りんどうあん
  建築:昭和45(1970)年
  宗徧流林洞会から寄贈された茶室。内部に流祖・山田宗徧の揮毫による「林洞」の額が
  掲げられていることからこの名がある。山田宗徧は、忠臣蔵でに登場する吉良上野介
  と茶を通じて交流があった人物として知られる。

《期間中の催し物》
●三溪園ボランティアによる秋の“一日庵(いちじつあん)”抹茶カフェ
一日限定の特別開催。平等院鳳凰堂のものと伝えられる古材が一部に使われた茶室・蓮華院を会場に、抹茶が楽しめます。
 開催日:2015年11月23日(月・祝)
 時間:10:30〜15:00
 会場:蓮華院
 料金:500円(菓子付、入園料は別途必要です。)
 定員:定員200名 ※先着順
※チケットは、当日10:00から茶室前で販売します。

●三溪園ボランティアによる、秋の自然観察会
開催日時: 2015年11月28日(土)・12月10日(木) 各日 10:30〜11:30/13:30〜14:30
 集合:正門入口
 料金:無料(入園料は別途必要です。)
 定員:各回30名 ※先着順