ホーム > お知らせ
2008/09/04

「えがいてみよう 夏のさんけいえん」発表展覧会

絵を見ていると数十年前の小学生だったころの夏休みの課題を思い出してしまいます。ドリル、読書感想文そして絵1枚が定番であったように記憶しています。感想文は、その頃から始まった「○○推薦図書」みたいな本を読んで書くのが望ましかったのですが、図書館に行っても貸し出し中で、著名作家の短編を読み、書いていました。絵は特に苦手で、何を描くか毎年悩んで、結局、家族でスイカを食べている様子、江ノ島の花火大会、友達と蝉を捕りに行ったときの様子など、とりあえず描いたというものを始業式に持参していたというほろ苦い思い出がよみがえってしまいます。
展覧会の詳細は「お知らせ」をご参照ください。