ホーム > お知らせ
2006/08/10

夏の特別公開中です。(8月20日まで)

ただいま夏の特別公開中です。
臨春閣【重要文化財】、白雲邸、鶴翔閣【横浜市指定有形文化財】の3棟を
8月5日(土)〜20日(日) 9:00〜16:45(16:35最終入場、16:45閉場)公開しています。
今回は、臨春閣の少し変わった楽しみ方をご紹介します。

=臨春閣 【重要文化財指定】 1649年(慶安2年)建築=

【楽しみ方 その1】
臨春閣の各々の室内から眺められる庭はどれも美しい風景で、
三溪の庭造りに対する美意識の高さを感じることができます。
実は、この臨春閣を移築する際に眺めを優先して元来とは棟の配置が変更されています。
お気に入りの眺めを見つけてみてください。
(1枚目の写真は、琴棋書画の間から三重塔を見たものです)

【楽しみ方 その2】
建物の外からみるとよくわかりますが、臨春閣の渡り廊下(第2屋)は池の上に張り出しています。
陽射しが強い日限定ですが、陽の光が池に反射して廊下の天井を照らします。
水面の波の動きによって表情をかえる光の波が楽しめます。
また、廊下の隙間をのぞくと、池面も見ることができます。

もちろん、狩野派によって描かれた障壁画、建物の巧みな装飾など、
臨春閣の内部には、たくさんの楽しみ所があります。
ぜひ、足を運んで、あなたならではの楽しみを見つけてください。