ホーム > お知らせ
2010/01/26

文化財防火デー消防訓練

1月26日は昭和24年法隆寺金堂で発生した火災により貴重な障壁画等が失われたことを教訓とし、こうした惨事を二度と繰り返さないよう「文化財防火デー」に指定されています。
三溪園ではこの時期に消防訓練を行っていますが、今年は臨春閣を対象に中消防署、本牧和田、北方の両消防出張所及び山手消防団の協力を得て消防訓練を行いました。
1枚目の画像は臨春閣のほぼ全景で、消防署の放水が始まる直前に埋設型の放水銃から放水が行われた瞬間です。
2枚目は臨春閣第3屋裏のドレンチャー(延焼を防ぐため水膜を張る装置)の水煙にできた虹が炎のように見える画像です。