ホーム > お知らせ
2011/05/01

重要文化財「臨春閣」等を公開中です、5月5日まで。

5月5日まで、通常非公開である「臨春閣」及び「蓮華院」を公開しています。
「臨春閣」は紀州徳川家が紀ノ川沿いに建てた夏の別荘「巌出御殿」であったといわれ、その後、大阪此花区に移され「八州軒」と呼ばれていたものを原三溪が購入し、現在の場所に移築し「臨春閣」と命名しました。
大阪にあったときの写真や配置図があり、それと比べると屋根やレイアウトが変更され建てられていることがわかります。
「蓮華院」は原三溪が、現在「春草廬」のある敷地に建てた茶室です。戦後、現在の場所に移されました。宇治平等院の古材が使われている、また、建築に際し仰木魯堂がかかわったのではないかといわれている建物です。