ホーム > お知らせ
2007/03/18

淡墨桜(2世)が咲き始めました。

旧燈明寺本堂前に植樹されている淡墨桜(2世)が咲き始めました。
見頃は、21日から28日頃までと思われます。
園内でも、一足早く咲き始める正門周辺のソメイヨシノ(染井吉野)も
蕾が大きくなり、所々、花びらが開き始めています。

【旧燈明寺本堂前の淡墨桜(2世)について】
三溪園の創設者 原三溪が描いた郷里の名木 ”淡墨桜”の風景画が縁となり、
平成11年(1999)、岐阜県本巣郡根尾村(現岐阜県本巣市)から贈られた苗木です。
現在では、高さ5mほどにまで成長しました。
また、平成18年(2006)には、本巣市からもう1本苗木が贈られました。
現在、正門付近の広場に植樹してあります。

淡墨桜は、蕾が薄いピンクで、満開の際は白色、散りぎわに淡い墨色を帯びるのが特徴です。