ホーム > お知らせ
2013/02/13

ウメの状況と今後

早咲きのウメが木によっては見頃を迎え、緑萼梅もだいぶ花をつけてきています。
緑萼梅は満開となると遠めには白梅と変わりなく見えますので、この花の特徴である「緑がかった梅」を堪能するのならば、蕾みも少しある方が緑色が強く良いと思います。
16日(土)、17日(日)は「猿まわし」が行われすので、お子さまと三溪園を楽しむのであればこの週末をおすすめします。ただし、3月2日、3日にも「猿まわし」は予定されていますので、現在見頃のウメは散ってしまっていると思われますが、遅咲きのウメが楽しめると思います。今後の気候次第ですが、ウメの花を楽しむなら2月23日、24日、このあと何日も冷え込むようであれば、3月2日、3日が週末のピークとなります。
話はかわりますが、三溪園の今年のイベントの中で、唯一日程が決まっていなかった「観桜の夕べ」(桜の時期の夜間開園)は3月29日から4月7日までとなりましたので報告申し上げます。
画像の一枚目は満開を迎えた早咲きのウメで満開となっているため、蜜を求めてメジロが数羽来ていました。2枚目はまだ蕾の多い緑萼梅で、撮影はともに2月13日お昼前後のです。