ホーム > お知らせ
2013/11/21

「今村紫紅展」と紅葉について

以前にもこの欄でお伝えしましたが、第2、4土曜日は三溪園入園料が小、中、高校生は無料です。現在三溪記念館で開催されている「今村紫紅展」は、三溪園の入園料とは別に観覧料が必要となりますが、小学生は無料となっています。したがって、23日は小学生の方は無料で「今村紫紅展」が観覧できます。「今村紫紅展」は12月8日までですので、11月23日が最後のチャンスとなります。
今回の「今村紫紅展」の副題は「横浜のいろ」となっています。今村紫紅の優れた色づかいを堪能した後は、三溪園の秋の色である、黄色くなったイチョウ、色づき始めたモミジそして菊花展も楽しんでいってください。
紅葉は始まったという感じで、現在三溪記念館ロビーから眺められるモミジが一番良いと思います。また、紅葉は光の差し方により色が全く違いますので、時間により良いモミジも変わります。
画像の1枚目は、「今村紫紅展」で展示されている、紫紅の兄 興宗(こうそう)が描いた「醍醐花見」です。2枚目は同じモミジを順光側と逆行側から撮影したもので、光の差し方による違いがわかると思います。