ホーム > お知らせ
2014/06/26

園内の花の状況

ハナショウブがほぼ終わり、現在園内で観賞できる花としては、アジサイ、ハス、スイレンがあげられます。
見頃はアジサイで、青い花が中心ですが、赤い花をつけているものもあります。確か、土壌が酸性ならば青、アルカリ性ならば赤い花ということになっていますが、小学校の理科で習う「リトマス試験紙」の反応を思い出してしまいます。
ハスは、早めに咲き始めたため、咲いている数も少なく、花も最盛期に比べると小さなものとなっています。
ゴールデンウィーク中に咲き始めたスイレンは、咲き始めた時に比べると数は少なくなっていますが、晴れた日であれば観賞できるという状況です。
ハスもスイレンもともに、午前中の花ですので午後には観賞できませんのでご注意ください。
そのほか、園内の芝生には小さい花ですが、ネジバナが特異な形状(螺旋状に花をつける)で咲いています。小さいので気がつかないことが多い花です。
画像の1枚目はガクアジサイ、2枚目は睡蓮池周辺の芝生に咲くネジバナで、撮影はともに本日10時前後です。