ホーム > お知らせ
2014/07/08

問い合わせの多い「ハンゲショウ」

名前の由来は季節を表す「半夏生」の頃に咲くという説が有力のようですが、葉が白くなり、それが化粧途中の状態に似ているから「半化粧」という説もあるそうです。
その後半の説の従えば、「全化粧」に近い葉も多くなってきており、花もつけています。園内で見られる場所は、正門を入り左側藤棚の奥にある「八つ橋」周辺です。
前々回のこの欄で白いムクゲが早々と咲いたことをお伝えしましたが、それを追うように薄い紫のムクゲも咲き始めています。
ということで、今回の画像は1枚目がハンゲショウ、2枚目がムクゲで撮影はともに本日9時30分頃です。