催し物のご案内

企画展「臨春閣―建築の美と保存の技―」

三重塔と並び三溪園を代表する、重要文化財建造物の臨春閣は三溪園への移築当時、豊臣秀吉が建てた聚楽第の遺構とされ、「桃山御殿」の名で呼ばれていました。

このたび、30年ぶりの大規模な保存修理工事にともない、建物内に付随する欄間や若の色紙、十二支の描かれた板額などもいったん取り外して修復をおこないました。

本展は、こうした臨春閣を彩る装飾の数々を復旧前に三溪記念館の展示室に移し、間近に紹介する稀少な機会です。

[2020年]

10月15日(木)~12月20日(日)開催

詳しくはこちらへ

10月に開催するその他の催し物のご案内


年間スケジュール

2月

9月


ページトップへ

三溪園 関連情報