新着情報

観月会の開催について

2020.09.01

9/30~10/4観月会を行います。今年は、琵琶、筝曲の日本の伝統音楽に加え、サックスとピアノの演奏、バロック音楽、三溪園ゆかりのタゴールが作り上げたタゴールソングとシタールの上演があります。
中秋の名月が照らすもと、情緒豊かなひとときをお過ごしください。

■期間 2020年9月30日(水)~10月4日(日) *中秋の名月10月1日、満月10月2日
■料金 入園料のみ
■建造物ライトアップ時間 18:00-21:00
■観覧範囲
夜間は立ち入りを制限する場所があります。
※内苑の奥(お月見スポットの一つ)は、臨春閣工事のため立入出来ません。 →観月会_観覧範囲
■三溪記念館
開館時間を延長します。
展示室9:00-21:00
ミュージアムショップ 9:30-20:30
※抹茶処「望塔亭」は休業中です。
■特別出店 ※雨天中止
香炉庵(菓子販売)期間中毎日18:00~20:30
松栄堂(香関連商品販売)9/30(水)のみ12:00ごろ~20:30
出店場所:内苑入口付近
■演奏会場 重要文化財 旧燈明寺本堂前
■演奏スケジュール
◆9月30日(水)18:30-/19:10-/19:50-  ※各回30分
サックスとピアノで奏でる日本の唄世界の唄

出演:シャンティドラゴン/金剛督・林あけみ
1994年結成。クラシック、ジャズ、童謡、映画音楽、オリジナル、シャンティドラゴン独自のアレンジ曲をレパートリーとし、横浜、都内を中心に各地ホール、ライブハウスや学校で演奏活動を行っている。山手芸術祭、横浜ジャズプロムナード、横浜アートLIVE他音楽祭にも多数参加。書、舞踊、朗読、声明とのコラボレーションも多い。病院、児童養護施設、障害者施設でのボランティア演奏も積極的に行っている。
金剛督は97年ジャズライフ誌にて最優秀新人に選出される。
2018年6枚目のCD「星のかけら」 かたりよみとおんがく をリリース。
連絡先 金剛SAXOPHONE工房 045-641-4164  www.congo-sax.com
メープルピアノ・スクール(林) 045-773-0632  http://maple-piano.com
曲目:星影のエール、鬼滅の刃~紅蓮華、パプリカ、かぐや姫の物語~わらべ唄、かぐや姫の物語~いのちの記憶、見上げてごらん夜の星を、この道、雨降りお月さん、愛燦燦、What a wonderful world

 

10月1日(木)18:30-20:30
琵 琶

出演:薩摩琵琶錦心流中谷派襄水会
代表 荒井姿水。6歳より父・中谷襄水に琵琶の手ほどきをうけ、後、松田静水に師事し古典を学ぶ。NHK邦楽技能者育成会第13期に入学、杵屋正邦(きねやせいほう)に現代邦楽を学ぶ。1980年日本琵琶楽協会主催コンクール第1位入賞、文部大臣奨励賞、NHK会長賞を受賞。中谷襄水没後、薩摩琵琶錦心流中谷派襄水会を設立、現在に至る。国内外で活躍、円熟された世界観を持つ奏者として高い評価を受けている。
連絡先 045-712-2317
曲目:衣川、本能寺、蝉丸ほか

 

 

◆10月2日(金)18:30-20:30(途中休憩あり)
タゴールソング&シタール

出演:奥田由香  「タゴールの樹」主宰、タゴールソング歌い手
タゴール詩集『ギタンジャリ』を原語ベンガル語で歌いたいという願いから、タゴールの学園シャンティニケタンに留学。タゴールソング、インド音楽美学を専攻しヴィシュババラティ大学・大学院を卒業。現在、東京外国語大学、聖心女子大学グローバル共生研究所、外務省などでベンガル語の指導にあたる一方、「タゴールの樹」を主宰し、QOL豊かな心を育むプログラムの一貫として、タゴールの歌や詩に触れるワークショップやコンサートを展開。横浜市大倉山記念館のタゴールソング教室は、随時募集中。

辰野基康  シタール奏者
1979年~1982年渡印。宮廷音楽家Pndit Balaram Pathakに師事。
帰国後は古典音楽を研究する一方、数々の有名レストランで、ソロ、古典音楽の合奏、様々なジャンルの音楽との即興演奏などの生演奏を続けながら、シタール奏者として全国各地でのコンサートをおこなう。
公民館、社会教育会館、大学、高校、など教育施設でのインド音楽・文化の普及のためのレクチャーコンサート、東京都現代美術館、横浜市立美術館、日光市小杉放菴記念美術館、全国のギャラリーなど美術関連の施設、神社、寺院、教会での演奏、日本アンデパンダン展にインスタレーションと演奏を作品として発表。
録音物への取り組みとして、多くのミュージシャンのアルバムCD制作に参加するなど、幅広い音楽活動を展開。
2005年 CD 「しおのみち三の巻」収録のオリジナル曲「風きらきら」NHKヒンディ語放送(短波)戦後再開50年記念番組のテーマ曲となる。
2007年 医学映像教育センター「YOGA大百科」でシーケンサーとシタールの生音をあわせた音源を提供。その音源集として「SARASVATI」、同アルバムのリミックス版「天上大風」(ともに自主制作版)を発表。
2012年 日印国交樹立60周年記念「インドを学ぶ特別公開講座」シタール演奏
2014年 テレビドラマ『医龍4Team Medical Dragon』の劇中で楽曲の提供、および岸部 一徳氏にシタールの演奏を指導。
2003年~現在 横浜のインド祭りディワリインヨコハマの立ち上げに参画、以降、毎回出演。オープニング演奏など。
1999年~現在 東京藝術大学のシタールメンテナンス担当

演目:「原三溪とタゴール、美のまなざし」についてお話&詩聖タゴールの歌曲弾き語り
悠久なるインドの調べシタール

 

◆10月3日(土)18:30~19:20 前半コンサート、19:40~20:20 後半コンサート
2本の古典フルートと弦楽器で味わう「バロック~古典の音楽」

出演:アンサンブル山手バロッコ
1998年、横浜の洋館「山手234番館」のリニューアル記念コンサートをきっかけに、フリーキャスターでリコーダー愛好家の朝岡聡を中心に結成。山手の洋館を中心に演奏活動を行い、音楽と楽器にまつわる話と演奏でバロック音楽を楽しむスタイルが評価されている。今回の出演は、清野由紀子・曽禰寛純・小川有沙・加藤久志
連絡先: http://yamatebarocco.sakura.ne.jp/  E-mail:esyamasemi@yahoo.co.jp
曲目:J.C.バッハ(1735-1782)/2本のフルート、ヴィオラとチェロのための四重奏曲 ト長調 19-3、J.ハイドン(1732-1809)/2本のフルートとチェロのための「ロンドントリオ」第4番 ト長調 Hob. Ⅳ-4、C.シュターミッツ(1745-1801)/2本のフルートとチェロのためのトリオ ト長調 Op.14 No.1、J.ハイドン(1732-1809)/2本のフルートのためのエコー、W.A.モーツァルト(1756-91)/ディベルティメント第3番ハ長調 KV.439b-3、J.C.バッハ(1735-1782)/2本のフルート、ヴィオラとチェロのための四重奏曲 ハ長調 作品19-1

 

◆10月4日(日)18:15-20:15
和楽器アンサンブル

出演:アトリエ筝こだま
代表 児玉寛子(ひろこ)。生田流教授。NHK邦楽技能者育成会卒業。NHK・FMなどの放送番組や福祉施設で演奏を行うほか、米海軍横須賀基地や小学校などで定期演奏会(指導)を行い多くの人々に箏の魅力を伝えられるよう活動している。国際交流行事や海外での演奏経験も豊富。現代にかなった発展的な音楽を、流派にとらわれず自由に、箏が特殊なモノではなく多くの人々を楽しませるものであるよう、箏の持つ魅力を探求している。
連絡先:045-365-0208
曲目:(順不同) 復興小唄・濱自慢(原三溪作詞、秋岸寛久編曲)/豊年太鼓 (宮田耕八郎作曲)
十和田の秋(大嶽和久作曲)/晩秋三景 (宮田耕八郎作曲)/秋の一日 (長沢勝俊作曲)

■音響協力 太陽倶楽部レコーディングス

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、密集状態とならないようご注意ください。
演奏会場は混雑する場合があります。安全を確保するため、係員の指示に従ってご鑑賞ください。
演奏時間は変更となる場合があります。曲目・演目は予定です。
荒天の場合「演奏」を中止することがあります。
写真撮影の三脚使用は、内苑および演奏会場付近ではご遠慮ください。

チラシをご覧ください→PDF


ページトップへ

三溪園 関連情報