新着情報

所蔵品展「四季のうつろい―初春 寿ぎのかたち」・「臨春閣の障壁画 中島清之 鶴図」

2021.12.28

三溪記念館では、原三溪やゆかりの絵画・工芸品、園内にある重要文化財建造物・臨春閣の障壁画などの所蔵品を、定期的に展示替えを

行いながら紹介しています。

今回は、新年元日からの展示にあわせ、正月らしさを感じていただける作品を展示します。見どころは、臨春閣の障壁画のコーナーの

日本画家・中島清之筆の「鶴図」。替え襖として描かれた現代の日本画で、11面の障壁画いっぱいに鶴が飛翔する画面は迫力ある豪華な

ものです。

また、三溪が厚く支援した下村観山による「老松」もおすすめ。大画面に墨だけを使い、松とコウモリを一気呵成に描いた絵は存在感

たっぷりです。

■会場・会期

三溪記念館 第1・第2展示室

2022年1月1日(土・祝)~2月9日(水)

■観覧料

無料(入園料のみで観覧できます)

■内容

《第1展示室》

四季のうつろい―初春 寿ぎのかたち

横山大観「日月霊峰」・「あけぼの」、原三溪「朝暘清唳」「海不揚波」ほか

《第2展示室》

四季のうつろい―初春 寿ぎのかたち

原三溪「四君子」、下村観山「老松」

臨春閣の障壁画

中島清之「鶴図」

 →展示リスト(PDF)


ページトップへ

三溪園 関連情報