新着情報

桜めぐり

2022.02.24

 

『春の見どころマップ』

 

3月上旬から4月中旬にかけて、庭園をソメイヨシノやオオシマザクラ、三溪園創始者・原三溪の出身地である岐阜ゆかりの桜など9種類

約250本の桜が彩ります。

3月25日(金)〜4月5日(火)の12日間は、開園時間も21:00まで延長し、桜や古建築のライトアップも実施。朝から夜間まで、

横浜とは思えない古都の風情漂う日本情緒たっぷりの桜の景観を楽しめます。

※ お花見シーズンの注意事項とお願い

 

■事前予約でゆったり過ごせる『お花見ひろば』

大池を彩るソメイヨシノに囲まれた芝生の広場で、ゆったりとお過ごしいただけるシートをご用意しました。2畳分の広さで

大人最大4名まで、こどもを含めると最大8名までご利用いただけます。

→ 詳しくは「事前予約でゆったり過ごせる『お花見ひろば』」をご確認ください。

 

■開園前の特別入園チケット販売

通常9:00からの開園のところ、8:00から入園できる特別入園チケットを販売します。

「混雑を避けて安心して桜を楽しみたい」、「ゆっくりと撮影に集中したい」という方におすすめです。

1日50枚限定ですので、ぜひお早めにお求めください。

※桜めぐりのチラシには実施日が3月25日~3月27日、4月1日~4月3日とありますが、正しくは3月25日~4月5日の12日間となります。

→ 詳しくは「開園前の特別入園チケット販売」をご確認ください。

 

■桜のライトアップ

3年ぶりに外苑の大池周辺の桜と古建築を中心にライトアップを行います。

ライトアップされた園内は昼間とは違った幻想的な雰囲気に包まれます。宵闇に浮かびあがる桜の花と歴史的建造物の競演を

ご覧いただきながら散策お楽しみください。

→ 詳しくは「桜のライトアップ」をご確認ください。

 

→ 桜めぐりのチラシ


ページトップへ

三溪園 関連情報