新着情報

遊歩道のご案内

2022.04.10

聴秋閣奥にある遊歩道を、2022年4月9日(土)~5月10日(火)まで特別開放します。

モミジの新緑が美しい渓流の脇に設けられた遊歩道からは聴秋閣越しに三重塔を遠望する、山水画のような雄大な景観が楽しめます。

聴秋閣の移築とこの遊歩道の造成がなされたのは大正11(1922)年のこと。これをもって三溪園は完成を見ました。

ちょうど今から100年前のことです!

*好評につき期間を2日間延長しました。

 4月19日現在の新緑の様子

観賞の際のお願い

①  内苑では三脚・一脚および自撮り棒は使用できません

②  聴秋閣の公開はありません。

③  遊歩道は一方通行となります。

④  混雑時など係員の指示に従って観賞してください。

⑤  混雑時など長時間立ち止まっての写真撮影はご遠慮ください。

⑥  足元が滑りやすくなっておりますのでご注意ください。

 

ルールを守って ゆったり、のんびり、楽しんでください。

それでは、ご案内します。

 遊歩道の入り口です。

 先に進みましょう。

 遊歩道は左回りで進んでください。(一方通行です)

 小さな橋を渡った先は上りの階段です。(滑るので注意!!)

  小さな渓谷には水が流れています。

 まもなく一番上です。

 一番上からの眺めです。

 ここからは下りの階段です。(滑るので注意!!)

 ビューポイントの連続です!

 三重塔が遠望できますよ!!

 もうすこしで出口です。

 一周してきました!

周辺は早くもシャガやヤマブキ、スミレ、モミジの花も咲き始め、すっかり春の風景。

散策にはおすすめの場所です。

   

   


ページトップへ

三溪園 関連情報