お知らせ

日本の植物に触れる芸術文化と生活に関する展示会主催 第1回展示会「これ、誠に得たりし花なるが故に..」開催

2023.01.23

庭園と園内にある移築古建築”燈明寺(京都府より移築された国の重要文化財)”を舞台に、日本の芸術・芸能・生活文化・自然素材をご覧いただく内容です。室町時代の密教寺建築を舞台とし、展示設計を能楽謡に倣い、情景を見立て、回遊いただくことで身体的に鑑賞いただける芸術空間を展示いたします。向かいの庭園には、日本画家下村観山先生がインスピレーションを得て「弱法師(重要文化財)」を描いたという臥竜梅が植えられています。観覧者は能楽謡にのって、「庭園を海外、外陣を日常の外界、内陣を自己」と位置付けられた会場を回遊し鑑賞します。

■開催日

2023年2月16日(木)、17日(金)

■時間

10:00-16:30

■会場

重要文化財 旧燈明寺本堂

■参加団体

菓子型彫刻 京屋*(岡山)、特定非営利活動法能登すずなり*(石川県珠洲市)、能登上布会館*、株式会社山崎麻織物工房*、株式会社わんや書店*、株式会社檜書店、株式会社能楽書林、西陣織会館、デザインオフィス プント・グラフィカ

■後援

京都府、地方独立行政法人京都市産業技術研究所、珠洲市役所

■協力

公益社団法人金春円満井会

■事務局

プレイ プント・グラフィカ

puntograficajapan@gmail.com

電話:080-5686-5197

 

※詳細は展示会ホームページでご確認ください

www.playknotjapan.com


その他のお知らせ

ページトップへ

三溪園 関連情報