新着情報

所蔵品展「古都へのあこがれ」

2022.04.27

三溪記念館では、原三溪やゆかりの絵画・工芸品、園内にある重要文化財建造物・臨春閣の障壁画などの所蔵品を、定期的に展示替えを

行いながら紹介しています。

三溪園は今年大正11(1922)年の全園完成からちょうど100周年の節目を迎えています。これにちなみ、今回は“古都へのあこがれ”を

テーマに原三溪の三溪園造成に込めたイメージの一端を所蔵品から紹介します。

見どころは、2017年から実に5年ぶりの展示となる、重要文化財「木製多宝塔」。室町時代に作られたミニチュアの塔で三溪旧蔵の

名品です。また、三溪の支援を受けた画家の一人、牛田雞村による「三溪園全図」は100年前の完成したころの園内の様子を伝える

貴重な作品です。

■会場・会期

三溪記念館 第1・第2展示室

2022年4月28日(木)~5月31日(火)

■観覧料

無料(入園料のみで観覧できます)

■おもな展示作品

《第1展示室》

原三溪書「南都吟」、原三溪「四明嶽」、

牛田雞村「三溪園全図」、小島一谿「三溪園」ほか

《第2展示室》

「黒漆大壇」(原三溪旧蔵品)、「木製多宝塔」(原三溪旧蔵品 重要文化財)ほか

 

展示リスト


ページトップへ

三溪園 関連情報