ホーム
三溪園 SANKEIEN GARDEN
 

 

三溪記念館では、三溪の書画・三溪ゆかりの作家による作品・重要文化財建造物の障壁画など、収蔵品の中から季節に合わせた作品を紹介しています。今回のテーマは「夏の眺め」です。この時期にふさわしい、夏の景色や植物を描いた作品を展示します。
蛍の発生数は増加しています。今週末は、幻想的な蛍の夕べをお楽しみいただけそうです。
園内の花菖蒲が見ごろを迎える季節にあわせ、愛好家が育てた鉢植えの花菖蒲を展示します。
料理研究家で、三溪園とゆかりのある杉田梅の普及活動に取り組む市原由貴子氏が、旬を迎える三溪園の梅の実を使い、梅酒や梅ジュースづくりを実演。その効能や魅力について楽しく解説します。
花の色や模様、形だけでなく、樹形や風格、鉢との組み合わせ方など、その見どころは様々です。緑が濃さを増し、初夏の装いとなる三溪園内で、美しく奥深いさつき盆栽の世界をお楽しみください。
バックナンバー

※掲載されている三溪園の口コミは トリップアドバイザーより提供を受けています。