新着情報

所蔵品展「夏のはじまり」

2022.06.01

三溪記念館では、時季に合わせ、所蔵品をご紹介しています。

この季節、三溪園の庭園は、菖蒲、紫陽花と濃淡さまざまな紫が彩りを添えはじめます。雨後、鮮やかに映える草花の色彩はこの季節

ならではの趣きです。梅雨、そして、夏至を過ぎると本格的な夏がはじまります。

今回は、原三溪自筆の書画や、三溪が支援した下村観山などゆかりの画家を中心に、季節の草花や雨の情景を表した作品を展示します。

季節の移り変わりと重ねながら、ゆっくりご覧ください。

■会場・会期

三溪記念館 第1・第2展示室

2022年6月2日(木)~7月12日(火)

■観覧料

無料(入園料のみで観覧できます)

■おもな展示作品

《第1展示室》

原三溪「飛燕」、下村観山「虹」ほか

《第2展示室》

小茂田青樹「菖蒲」、竹図屏風(江戸時代)、原三溪「白雲心」ほか

 

展示リスト


ページトップへ

三溪園 関連情報