新着情報

紅葉の遊歩道開放

2022.10.19

三溪園を代表する紅葉スポットである「聴秋閣」奥の遊歩道を、期間限定で一般開放します。

「聴秋閣」は、1623年に二条城内に建てられたとされ、1922年に三溪園に移築された重要文化財建造物。

移築前は「三笠閣」と呼ばれていましたが、原三溪は、建物周辺に大きな石を配し、渓谷として紅葉などを植栽し、

名を「聴秋閣」と改め、秋に紅葉を楽しむ風情を創出しました。

 

■日時

2022年11月23日(水・祝)〜12月11日(日)

9:00~16:00

■場所

聴秋閣奥の遊歩道

■料金

無料(入園料別途)

■観賞の際のお願い

  • 内苑では三脚・一脚および自撮り棒は使用できません。
  • 聴秋閣の公開はありません。
  • 遊歩道は一方通行となります。
  • 混雑時など係員の指示に従って観賞してください。
  • 混雑時など長時間立ち止まっての写真撮影はご遠慮ください。
  • 足元が滑りやすくなっておりますのでご注意ください。

ページトップへ

三溪園 関連情報