新着情報

重要文化財「臨春閣」特別公開

2022.07.28

                                                                                                                            撮影:田中克昌

重要文化財「臨春閣」の5年にわたる保存修理事業の完了および三溪園完成100周年を記念し、通常非公開である「臨春閣」の

建物内部の一般特別公開(9月17日~25日)および公開記念イベントを開催します。

江戸時代に建てられた臨春閣は、三溪園の創設者・原三溪によって守り継がれた重要文化財建造物です。昭和の戦災を乗り越えた

この建物を、さらに末永く遺し伝えることを目指し、檜皮葺屋根(ひわだぶきやね)・杮葺屋根(こけらぶきやね)の補修を

主目的とした保存修理工事と耐震診断・補強工事を実施しました。

これだけの規模の修理は約30年ぶりとなり、平成30年度に開始した本事業は今年8月に完了の時をむかえます。

檜皮葺・杮葺屋根を持つこれほど大規模な建物が庭園の景色と調和し、美しい景観を作り出している姿を見ることができるのは、

三溪園だけです。特別公開を機に、臨春閣の各所に凝らされた数寄屋造りの意匠のほか、建物内からのぞむ日本庭園の景観を

お楽しみください。

 

「三溪園完成100 周年・令和の大修理完了記念 臨春閣 特別公開」

■日程

9月17日(土)~25日(日)

■時間

10:00~16:30(予約不要・最終入場16:00) ※ 9 月17 日(土)のみ13:00~

※見学の所要時間は15分~20分程度です。

■場所

内苑 臨春閣

■料金

入園料のみ

※混雑状況等により、入場を制限させていただく場合がございます。

荒天時は観覧の方法が変更または中止となる場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

※見学の際は清潔な靴下をお履きください。濡れた靴下、裸足での入場は不可です。(ストッキングも不可)

※お客様の足と建物の保護のため、建物入口にて簡易スリッパ(100円)のご購入をお勧めしております。

※その他、見学に際しての注意事項がございます。詳しくはこちらをご覧ください。

■協賛(50音順)

株式会社あじま左官工芸

アスカ工業株式会社

有限会社桑平工業

株式会社児島工務店

株式会社小西美術工藝社

日本木工株式会社

 

■観覧用参考資料

<簡易版>(公開会場でお配りしています)

<遺構発見>(掲出のみ)

<建物見所>(掲出のみ)

<修理工事>(掲出のみ)

<耐震補強>(掲出のみ)

<歴史>(掲出のみ)

 

 

《関連企画》

■特別公開の開始を飾る雅楽公演

臨春閣の第三屋にある「天楽の間」の欄間に、雅楽に使われる笙と篳篥(ひちりき)などが装飾として用いられて

いることにちなみ、雅楽公演をおこないます。

次代へ伝えるための工事が終わり、輝きを取り戻した臨春閣の新たな姿を日本の伝統的な舞と演奏とともに

お楽しみください。

日程:9 月17 日(土)  ※小雨決行

時間:10:00~11:30

場所:内苑 臨春閣芝生広場  ※座席はご用意しておりません

料金:入園料のみ

協力:横浜雅楽会

 

所蔵品展「あらためまして、臨春閣です」

重要文化財「臨春閣」は、原三溪が購入から構想、移築完了まで11年の歳月を費やした、三重塔と並び、三溪園を代表する建造物です。

もとは大阪の春日出新田にあり、「八州軒」と呼ばれていたこの建物が、どのような経緯で三溪園に移築されたのか-。

臨春閣のストーリーとともに、関連資料をご紹介します。楽しみながらご覧ください。

会期:8月26日(金)~10月4日(火)

時間:9:00~17:00(入場は16:30 まで)

場所:三溪記念館 第1・第2展示室

料金:入園料のみ

 

田中克昌写真展「あとさき‐臨春閣‐」

通りすがりに目にした印象的な光景、建築物としてのたたずまい。建築写真家である田中克昌氏が、あえて情緒的

な表現で切り取った「原三溪が過ごした建物」としての臨春閣は、ある日の風景として捉えられた、映画のようなシ

ーンの連続です。「あとさき」を手掛かりに、三溪から受け継がれた美を未来へ伝える、厳選した16 点の作品を

ご覧ください。

会期:9 月8 日(木)~10 月23 日(日)

時間:9:00~17:00(入場は16:30 まで)

場所:三溪記念館 第3展示室

料金:入園料のみ

協力:田中 克昌(たなか かつまさ)氏

プロフィール

2005年 ニューヨーク州立大学FIT校卒

2007年 建築専門誌GAのフォトグラファーとして国内外の建築を撮影

2017年 フリーランスとして独立

主なクライアント:隈研吾建築都市設計事務所、藤本壮介建築設計事務所等、現代建築家多数

受賞歴等:BRANDED SHORTS 2020 入選「One's Story」

 

《特別見学ツアー》(有料)

「東の桂離宮」三溪園臨春閣を堪能する~秋の「菊尽くし」特製懐石弁当とともに

三溪園完成100周年特別企画第2弾

「東の桂離宮」三溪園臨春閣を堪能する~秋の「菊尽くし」特製懐石弁当とともに

原三溪の隠居所・白雲邸で「菊尽くし」の特製懐石弁当の昼食をご賞味いただいた後、通常内部非公開の、臨春閣の特別見学と呈茶とで、

「東の桂離宮」とたたえられる三溪園の神髄を堪能していただきます。

なお、今回は臨春閣の2階「村雨の間」も特別にご案内。

今まで広く公開されてこなかった、風流を凝らした随一の空間もゆっくりご堪能いただきます。

日程:10月22日(土)・23日(日)

時間:11:30〜15:00頃

定員:各日10名(最少催行人員5名)

費用:45,000円(税込) ※三溪園の入園料を含みます。

問い合わせ・申し込み:株式会社淡交社 営業企画部(東京)

 

臨春閣入室特別見学ツアー【好評につき完売しました】

人気講師・藤井哲郎氏と巡る臨春閣入室特別見学ツアー

「和風建築・日本庭園の愛好者をふやす・施設をのこす・次世代につたえる」をライフワークとして、伝統建築と日本庭園の鑑賞方法を

学ぶ講座を360 回以上、バスツアー60 回以上の講師をつとめている藤井哲郎氏をガイドに迎え、臨春閣一階に入室し数寄屋造りの意匠を

間近でご覧いただくとともに、臨春閣と白雲邸の内庭をご案内します。

日程:10月9日(日)、10日(月・祝)

時間:9:30~・10:30~・13:30~・14:30~ 所要時間 約2時間

定員:各回15名

内容:三溪園学芸員と藤井哲郎氏のダブル解説による臨春閣入室(一階のみ)見学

および三溪園学芸員の案内による臨春閣・白雲邸の内庭の特別見学

料金:1人あたり5,000円(入園料、税込み)

予約:オンラインチケットサービスPeatixにてチケットを購入してください。

お申し込みはこちら申込

協力:庭屋一如研究会主宰・藤井 哲郎 (ふじい てつろう)氏

JR 東日本 大人の休日倶楽部趣味の会・新潟日報カルチャースクール 講師

 

■学芸員と巡る臨春閣入室「匠の技」特別見学ツアー【好評につき完売しました】

学芸員と巡る臨春閣入室「匠の技」特別見学ツアー

令和の大修理では、ひと目ではわからない職人技術の数々が織り込まれています。建築担当学芸員の案内により、二階を含む建物内部の

特別見学をしながら工事を振り返り、工事のためにふるわれた「匠の技」に親しんでいただく、臨春閣を深く知ることができる

ツアーです。建物の見どころや、工事に際しての裏話も満載です。

日程:10月29日(土)

時間:10:30~・13:30~ 所要時間 約1時間半

定員:各回10名

内容:三溪園学芸員による臨春閣入室見学(二階を含む)

料金:1人あたり5,500円(入園料、税込み)

予約:オンラインチケットサービスPeatixにてチケットを購入してください。

お申し込みはこちら申込

 

※都合によりイベント内容を変更する場合があります。


ページトップへ

三溪園 関連情報